某国のEです。完全版

縦書き表示が崩れるのでIEかsafariかChromeで見て下さいね。

未知との遭遇。

f:id:tk1969:20130717201430j:plain

当時の航空自衛隊の主力戦闘機「F4-EJファントム2」世界中で大活躍したかつての名機は複座式、つまり二人乗りの超音速戦闘機で「得体の知れないナニカ」を目撃したあの日も私の機にはパイロットの私の他に後部座席にナビゲーターの相棒が搭乗していた。

しかし高度10000メートルの高空で空に光りながら漂うアレを見たのは私だけで私の相棒は見ていない。本当に見ていないのかどうかは判らないのだが、彼は見ていないと言っている。そして私は酸素不足で幻を見てしまったホラ吹きパイロットの汚名を着せられてしまい2度と空へ飛び立つ機会を与えられる事はなかった。

飛べないパイロットが航空自衛隊にいる必要は無い。かくして私は除隊届けを出した。民間人となった私に組織から正式にオファーが届き私にホラ吹きパイロットの汚名を着せた「得体の知れないナニカ」を追う為私はそのオファーを快諾した。

 

某国の諜報部員コードネーム「E」の誕生である。

 

めでたく晴れて民間人となった記念に結婚もした。世間の目を欺く為に普通の会社に就職もした。そして娘が生まれ数十年後、その娘のお陰で「得体の知れないナニカ」と全面対決する事になるのだ

 

 

それはいつからかこの世に存在していて、いつの時代にも存在している。

少なくとも私が最初の母の元に生を受けた山と大河なる国の時代にもソレはすでに存在し誰にも気づかれる事なかった。ソレが果たして何者なのか?ソレが存在する理由は何なのか?その答えを持つのもまたソレ自身のみなのか。

UNKNOWN

知られざる者。

私も私の組織もソレの事をそう呼んでいる。今この世界にも確実に存在し、しかしてその存在を知らしめてはいないモノ。ただ私は見てしまったのだ。その存在を知ってしまったのだ。

あの高空の薄い大気の中、突如として私の前に現れたソレは最初は小さな光の玉のように見えた。そしてその光は大きな球体にまで膨らんで、はじけるように散って消えた。わずか数秒の出来事がものすごく長く感じられた。まるで時間が止まったような。

ただ一つだけ確実に覚えているのは、ほの白いその光の中にところどころ太陽の黒点のような斑点があった事。

あれから私は必死になってその存在を調べ始めた。科学から宗教までありとあらゆる文献をあさりソレの事を知ろうと試みたのだったが必ず核心に触れる前の時点でUNKNOWNという壁が立ちふさがり前に進めなかった。今思えばその時すでに私はソレの持つ力に「得体の知れないナニカ」に魅入られていたのかも知れない。

 

時は過ぎ、多くの同期達が定年を迎える頃ソレはまた私の前に現れたのだった。



今度のソレは猫の姿をしていた。